ようこそ、筒台会東京支部の公式サイトへ。

校章・校歌

FrontPage

校章

葺合高校校章

三方に放射状に出ているのは布引の滝のしぶきで、若い力を象徴し、先端がとがっているのは新生の光明をあらわす。

放射が下方に二つあるのは、大地にしっかりと足をすえた姿で、上方に向いているのは、理想に向かって直進する意味である。

校歌

葺合高校校歌

荒木良雄 作詞
永井幸次 作曲

朝雲巻く峰を背にて
学校建てり山の気の
清しき処集ひたる
若人われらひたぶるに
努め励みて知識磨かむ

眸放てば遠く茅渟の海
展けて青しこの船路
世界に通ふ大いなる
未来の希望わが胸に
ひびく明るさ讃へ拓かむ

泉清らに澄みて筒井台
揺がず高し敬愛の
ゆかしき心溌溂と
若さにあふれ新たなる
真理求めて已まず努めむ

「神戸市立第一中学校校歌」

第一中学校歌

宮地雄吉 作詞
弘田龍太郎 作曲

筒台の邊に旭さしそひ
匂ひ出し若木の桜
繚乱の春を競いて耀ふよ
押し照る日影

摩耶の嶺に高し青雲
我が胸の希望にも似る
見晴るかす茅渟の大海遼遠の
ゆくてに通ふ

日本の文化の泉
筒台の学園にこそ湧け
流れては末も広らに天の下
潤しゆかん

「生徒歌」

清水 彰 作詞
原  啓 作曲

春爛漫と咲き匂ふ
筒井が丘に新しく
友を迎えて今おどる
若さの集ひ葺合高

みどりに落つる布引の
岩もとどろに火花なす
力たくまし飛びしぶく
わが青春の意気ぞこれ

月影清く天高き
秋筒陵の夜はふけて
空山落葉声もなく
思索の友のたたずめる

六甲摩耶に雪白く
荒涼万木枯れぬとも
やがて咲きなん若き芽は
下にほのかに萌ゆるなり




a:2162 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional